3D光学スキャナーによる精密な型どり

マウスピース矯正のインビザラインは、口内の歯型を採取する際に3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」を使用するこで精密な型取りを実現しています。

光学3Dカメラによる型取りのメリット

3D光学スキャナーiTero(アイテロ)を使った口内スキャン

従来はシリコンラバーで採取しており、嘔吐反射や圧迫を感じる方にとっては苦しいものでした。
iTeroは小さなスキャナーを使った装置で、歯型を採取するときの負担が少なくなります。そのうえ、スキャンする時間は上下の顎を合わせて数分程度と短く、歯型もより精緻なデータを集めることができます。
iTeroのもうひとつの特徴として、歯型のデータをもとに矯正治療でどのように歯が変化していくかシミュレーションを表示できることが挙げられます。患者さまと一緒にチェックできるので、今後の治療方針についてその場で相談できます。

スキャンした動画はLINEで共有

当院ではシミュレーション結果を動画にしてLINEでお送りしています。患者さまからは、「モチベーション維持に繋がる」「家族や友人に説明しやすい」といったお声をいただいております。

シミュレーションサンプル

LINEで送る

繋がらない時は本院(0798-47-2221)におかけください

友達登録で
LINE予約
24時間受付
Web予約